ただいま双方向オンライン個別の無料体験実施中!

カテゴリー: 未分類

双方向オンラインシステムの指導が無料で体験できます。

体験だけでも結構です。

 

選択問題であれば、画面にチェックを入れる事も可能ですが、

記述式の問題の解答を画面に記入するのは、大変です。

ノートに式や答えを記入するところから、すべてチェックして

指摘してもらうことが出来ます。

 

仮定法の落とし穴!

カテゴリー: 未分類

仮定法の落とし穴

仮定法は「事実に反する、あるいは、事実に反する可能性が高い」ときに使われるこ
とは確かです。
しかし、それを厳格なまでに意識し過ぎると、文意や、相手が言っていることが分か
らなくなるかもしれません。

次の文を見てみましょう。
Japanese traditionally speak indirectly, leaving the listener to figure out what the
point is. Thus, while an American might say to a friend, “I don’t think that coat goes
very well with the rest of your outfit,” a Japanese might say, “Maybe this other coat
would look even better than the one you have on.” Americans value a person who ‘get
right to the point’.
might は仮定法ですが、「アメリカ人じゃないから・・・と言わない」なんて、事実に反
する云々を言っているわけではありません。

仮に、相手が選んだ服に対する感想を求められたときに、アメリカ人なら「その上着
は君が今身に付けているものと合っているとは思わない」とはっきりと言うかもしれないのに対して、日本人は「たぶん他の上着のほうが、今身に付けているものと合うんじゃない」と、遠回しな言い方をするかもしれない、と言っているにすぎません。

あくまでも仮定の話をしているわけで、アメリカ人の中にも遠回しな言い方をする人
がいるかもしれませんし-おそらく、いるでしょう-、日本人の中にもはっきり言う人がいるかもしれません-おそらく、いるでしょう。念のため、仮定法 might で表現しているだけのことです。

筆者の気持ちのなかには、「一般的にアメリカ人ははっきりと言うが、日本人は遠回
しな言い方をする傾向がある」というのは事実だ、という意識があるのは文脈から明らかです。
次の対話を見てみましょう。
A:If she weren’t foolish, she wouldn’t accept his proposal.
B:If she is foolish…
A:End of (the) story.B:I’m just praying she’s not foolish.
いきなり A は、「もし彼女がバカじゃないなら、あいつの提案を受け入れないだろう」と、仮定法を使っていますが、
実際は、彼女はバカだからあいつの提案を受け入れるだろう。
なんて言っているわけではありません。
続く会話
B「もし彼女がバカなら」
A「万事休す」
B「祈るしかないな。彼女がバカでないことを」
から、「彼女はバカだ」なんて思っていないどころか、「賢明な彼女なら彼の提案を受け入れないだろう」と願っている印象さえ受けます。
実際には彼女がどんな行動に出るかはわかりません-愚かにも彼の提案を受け入れ
るかもしれません。そのため(念のため)仮定法を使っているのです。

もちろん、どちらにころぶかわからなければ、仮定法を使わずに、
A:If she is not foolish, she won’t accept his proposal.
と言うこともできました。
しかし、それは、彼女のことがよく知らないのでどんな行動に出るのか予測できない
ケースです。
会話の内容から、二人は彼女のことをよく知っていて-彼女は賢明な女性だ-、「(賢明な彼女のことなら大丈夫だと思うが、それでも)もし彼女がバカなら、彼の提案を受け入れるかも」という不安もあるのです。その意識が仮定法を使わせているのです。
If biologists weren’t as blind as the rest of us, they probably wouldn’t hesitate to
classify dogs as social parasites.
「もし生物学者の目が一般人(生物学者以外の人たち)ほど曇っていなければ、おそ
らく、彼らは犬を社会的寄生動物とちゅうちょなく分類するだろう」これを
仮定法は常に事実に反すると考えて、
「生物学者の目は一般人(生物学者以外の人たち)と同じように曇っているので、彼
らは犬を社会的寄生動物と分類することにちゅうちょするだろう-犬を社会的規制動
物と分類しないだろう」
と解釈すると、おかしいことはすぐに気づくでしょう。

筆者は、biologists と、複数形を使っているのだから、
「生物学者たちの生物に対する知識は、生物学を専門にしていない人たちと同レベル
である」と言っていることになります。
当然、生物学者は、生物に対する見方、あるいは、分類の仕方は、一般人とは違って
います。
「生物学者の目は一般人(生物学者以外の人たち)ほど曇っていないので-犬に対し
ても一般人とは異なる見方をするので、通常の生物学者なら、おそらく、犬を社会的寄生動物とちゅうちょなく分類するだろう」
と言いたいのです。

では、なぜ仮定法を使ったのか、ということですが、
「生物学者の中には、犬を社会的寄生動物と分類しない人もいるかもしれない」
という可能性も考えたかもしれませんが、それ以上に、
「普通の生物学者なら、その目は一般人(生物学者以外の人たち)ほど曇っていないはずなので-犬に対しても一般人とは異なる見方をするはずなので、当然、犬を社会的寄生動物とちゅうちょなく分類するだろう」*
という気持ちがこもっているのです。

* ここでは、動物の分類の話をしているだけで、犬に感情があるかどうかの議論をし
ているわけではありません。もちろん、犬にも感情はありますし、生物学者といえ
ども、そう思っているはずです。ただ、学会では、それを口に出せない空気も一部
にあるようですが。
当たり前のことですが、動物にも、人間と同じ感情があり、性格があります。
(13頭の猫と暮らしてきた書き手注)
話を英語に戻しますが、何事にも原理・原則-英語なら、英文法-はありますが、そ
の原則に縛られすぎると、文意や相手のイイタイコトを読み間違ってしまいます。
要は、原理・原則を尊重しつつも、柔軟に対処することです。

 

 

 

基本文法を英作に生かす!

カテゴリー: 未分類

今回は英作文について考えてみましょう。
まず、絶対に避けたいことは、
英文として破綻している文は書かないということです。
当たり前のように思えますが、受験生が書いた英文の中には、
主語だけで、動詞がない英文など、
もはや英文としての体(テイ)を成していない、考えられないような答案も見
受けられます。

まずは、
英文として認められる文を書くことを、常に心がける必要があります。
その上で、
正確な英文法の知識を使って英文を書く練習をしましょう。
そのときに使う英文法は中学校か、せいぜい高校1年で習う知識で十分です
-中学校で、どこまでしっかりと英文法が教えられているのかはわかりませんが。
例えば、
「私の家の向かいに24時間営業のスーパーがある」という日本文の英訳を

考えたとき、
「スーパー」を主語にするなら、
There is an around-the-clock supermarket opposite my house.
と、there 構文を使うことになるでしょう。
「私の家」を主語にするなら、
My house is across (the street) from a supermarket that is open day and night.
と、there 構文を使わずに英訳することになるでしょう。
There 構文は、不特定なもの(人)を主語にする
ことは、おそらく、どこの学校でも習っているでしょう*。
*1 there 構文について
There 構文を、「特定なもの(人)」に使う
こともあります。
「私の本は机の上にあります」
を英訳すると
× There is my book on the desk.
○ My book is on the desk.となることは有名ですね。
There 構文は不特定なもの(人)に使うからです。
従って、特定なもの(my book)を there 構文で表現できません。
どうして
There 構文は不特定なもの(人)に使うのでしょうか。
その理由は
There 構文はストーリーの中で初めて「~がある / ~がいる」と紹介する
ときに使う(ある語をストーリーの中に「導入」するときに使う)からです。
では、次のケースはどうでしょう。
There was a man called ~
・・・・・・・・・・・・
中略
・・・・・・・・・・・・
There was his daughter ~
「~に彼の娘がいて、・・・」
さらに別の文
The big pines grew so thick that ~ ・・・・・・・・・・・・
中略
・・・・・・・・・・・・
There is the scent of pines in the sun.
「陽光をうけて松の香りが漂っている」
his daughter も the scent of pines も「特定なもの(人)」を表している語です。
しかし、his( = a man )、pines はストーリーの中にすでに現れている既知の
語です。
前述の「私の本は・・・」の「私の本」は既知の語ではなくストーリーの中で初
めて登場する語(導入語句)です。だから。
× There is my book on the desk.
という結果になったのです。
なお
○ My book is on the desk.
と表現したときの my book は、すでにストーリーの中に登場しているか、少な
くとも聞き手は「何のことを言っているのか」わかっていることになります。い
きなり話題に登場した語(導入語句)ではありません。
他に、there 構文が特定なものに使われるケースをみてみましょう。
限定する語が付いた場合
There is the fact that ~
「~という事実がある」
→ 同格の that によって fact が限定されている
There is still the problem of sex discrimination in the workplace.

「職場には依然として性差別という問題がある」

→ 同格 of によって problem が限定されている語を列挙する場合
A:Who can I ask? 「誰に聞けばいい?」
B:There’s James. 「ジェームズがいるじゃない」
A:Who can I ask?
B:There’s James, or Miranda, or Annie.
*この場合、単に語を列挙しているというより、相手に「こういう人がいる
(ものや場所がある)」と、注意を促す意味で、単に存在を表す there と違
って比較的強く発音されます。
従って、
常に There 構文は不特定なもの(人)に使う
という考えは間違いだとわかります。
では、大学受験生に対してはどうように指導するべきでしょうか。
大学受験生への注意、特に、英作上の注意という点から there 構文を取り上げる
のなら、英作はストーリーの最初の数行を英語で表現させていることが前提と
なっていることが一般的なので、
英作文において、There 構文は不特定なもの(人)に使う
と、割り切った考えで臨めば問題ないでしょう。

以上、マイブログ(https://ameblo.jp/aionika2/)より。

さて、実際の医学系の入試問題を例にとって考えてみましょう。
「科学者たちは、気候の変化によって CO2が増えると、魚の持つお互いを認
識しグループを作る能力が阻害されうることを発見した」
(大阪医科大学 2015)

 

「気候の変化によって CO2が増える」という箇所ですが、通常「CO2の増加
が気候変動、例えば、地球温暖化をもたらす」と考えられているので、日本語自
体に問題があるように思えます。
CO2の増加が気候変動をもたらし、その気候変動がさらに CO2を増やす原因
の一つになっている-the climate change can contribute to the rise(increase)
in carbon dioxide amounts-のであれば、日本語に問題はないのですが・・・。と
りあず、その点はおいて、下線部
「魚の持つお互いを認識しグループを作る能力」
の英訳だけについて考えましょう。
英作(英訳)は、自分の頭にインプットされている表現や語をアウトプットす
る作業です。
インプットされていなければアウトプットするのにも限界があるでしょう。
読解や解釈の時間に
the ability(capacity) to ~
「~する能力」
という表現にしばしば出会ったことがあるでしょう。
そのときに、次のように説明することがあります-解説する講師の力量や考
え方によって異なります。
the ability(capacity、power、potential)の次にくる形は the ability for 名詞
the ability to V ~
the ability of S to V ~
「S が V する能力」なら、
the ability for S to V ~
になりそうですが-to ~の意味上の主語は前置詞forで表すことが多いので-、
ability のような「能力を示す語」(さらに、right「権利」)は、
the ability of S to V ~
となります。
これは、
「A の持つ / A に属する」
という「所有 / 所属」の意識がまず働くので
the ability of A
と表現するのです。
従って、
「S の V する能力、S が V する能力」は
the ability of S to Vと表現します。
読解や解釈の時間にこのように教えられていれば、
「魚(S)の持つお互いを認識し(V1)、グループを作る(V2)能力」
と考えて、
the ability of fish to recognize each other and form a group(groups)
と、正確に英訳できるでしょう。
このように、読解(解釈)で得た知識は英作(英訳)に生かすことができるこ
とも念頭に置いて学習に取り組みましょう.

「期待(予測)に反する結果」を導く only to

カテゴリー: お知らせ

「期待(予測)に反する結果」を導く only to

 

基本文法や基本構文で習ったことをいかに生かすことができるかが、英文読解では大切です。

そういう例を、近畿大学医学部(2017年度)の読解問題(一部掲載のみ)で見ていきましょう。

英文法の授業で、準動詞の不定詞(副詞的用法)を扱った際、only toの用法を学んだはずです。

only toは「期待に反する結果」を導く。

この「期待に反する結果」という点が重要なのです。

ここでの「期待」は、「希望する」という意味ではなく、「予測する」という意味です。

一部の参考書や予備校のテキストなどに「よくない結果を導く」と説明されている

ものもありますが、

その理解では、英文の区切りがわからなかったり、最悪の場合、本文の内容が読めなかったりします。

only toは「期待(予測)に反する結果」を導く。

と、しっかり理解しましょう。

具体例を見ていきましょう。

He worked hard to carry out his plan, only to fail.(ジーニアス英和辞典より)

「彼は自分の計画を実行しようとけんめいに努力したが、結局失敗に終わっただけだった」

→ worked hard「けんめいに努力した」のはsucceed「成功する」ことを期待したからです。

しかし、その期待に反してfail「失敗した」のです。

I told the truth only to find that I was not believed.

「真実を語ったが、信じてもらえなかった」

→ told the truth「真実を語った」のは、be believed「信じてもらえる」ことを期待したからです。

しかし、その期待に反してwas not believed「信じてもらえなかった」のです。

ここで、注意点を一つ挙げておきましょう。

only to ~の前に常にコンマがくるわけではありません。そのため次のケースと間違わないようにしましょう。

A child does not play spontaneously only to while away the time.

「子供は、ただ時間を無為に過ごすために自発的に遊んでいるわけではない」

この場合は、副詞的用法・目的のtoにonlyが付いているだけで、「ただ~するために(ためだけに)」という意味になります。

文脈判断ということになりますが、

基本的には「期待(予測)に反する結果」を導くonly to

としっかり理解したうえで、「ただ~するために(ためだけに)」という意味になることもあると頭の隅に留めておきましょう。

さて、本題に入ります。

〔問題〕次の英文を読んで、下の問に答えなさい。

近畿大学医学部(2017年度)より一部抜粋

In considering what we share with our ape relatives, the easiest comparison is in fact between male chimpanzees and men. Chimpanzee males hunt together, form coalitions against political rivals, and collectively defend a territory against hostile neighbors, yet at the same time they vie for status and compete for females. This tension between bonding and rivalry is very familiar to human males on sports teams and in corporations. (  1  ) In You Just Don’t Understand, the linguist Deborah Tannen reports how men use conflict to negotiate status, and actually enjoy sparring with their friends. When things have gotten heated, they make up with a joke or apology. (2)Businessmen, for example, will shout and bully at a meeting, only to take a restroom break during which they joke and laugh it all off.

問1 空所(1)に入れるのに最も適切な文を、(ア)~(エ)の中から一つ選び、その記号をマークしなさい。

(ア)They try to play fair in a sports game and at they workplace at first, but they most likely end up ruining their rival’s efforts due to their competitive nature.

(イ)For example, tensions between two male opponents in a match can make their relationship deeper and amazingly lean them to choose almost the same offence strategies.

(ウ)Men intensely compete among themselves while still realizing that they need each other to prevent their team from going under.

(エ)It is now concluded from the observed comparison that chimpanzees and human beings have evolved a similar pattern of neural networks concerning an empathy ability.

 

問2 下線部(2)の意味として最も近いものを、(ア)~(エ)の中から一つ選び、その記号をマークしなさい。

(ア)In order to keep a friendly atmosphere where they can joke around, people working at a company learn how to stand being shouted at or bullied.

(イ)Businessmen sometimes have to voice their sincere opinions in a more direct manner so that they can get along with each other during off-duty hours.

(ウ)One example is that men at work often show opposite attitudes in different situations such as shouting jokingly and laughing sarcastically.

(エ)Men in business settings sometimes get excited and criticize each other at a meeting, but they often try to be on good terms outside the room.

〔解答・解説〕

プロの文章家は、

同じ内容を述べるのに単語や表現を変えてくる

ことを覚えておきましょう。

問1

前文で

This tension between bonding and rivalry is very familiar to human males on sports teams and in corporations.

「きずなと対立との間にあるこの緊張関係は、スポーツや企業内で、人間の男性にはかなり馴染みのあるものである」

と言っています。

This tension between bonding and rivalry 「きずなと対立との間にあるこの緊張関係」が、前文の「チンパンジーのオス」の行動に関する記述を指していることはあきらかです。

Chimpanzee males hunt together, form coalitions against political rivals, and collectively defend a territory against hostile neighbors

「チンパンジーのオスは、集団で狩りをし、政治的ライバルに対しては共闘し、傍にいる敵対者に対しては共同して縄張りを守る」

という文が、bonding「きずな」に相当します。

しかし同時に(yet at the same time)

they vie for status and compete for females.

「彼ら(チンパンジーのオスたち)は、地位を得るため張り合い、メスを巡って競い合う」

と言っています。この文がrivalry「対立」に相当します。

vieという語はあまり馴染みがないかもしれませんが、

プロの文章家は、同じ内容を述べるのに単語や表現を変えてきます。次の基本語compete forと同じ意味だと推測できるはずです。

ここまで読めれば、

「人間の男性にも、きずな-協力して事に当たること-と、対立-お互いに競い合う-という、緊張関係が存在する」

とわかります。

それと同じ内容を述べているのは

(ウ)Men intensely compete among themselves while still realizing that they need each other to prevent their team from going under.

「男性は、互いに激しく競い合うが(対立)、しかし同時に、自分のチームが負けることを妨げるためにはお互いを必要としていると認識している(きずな)」

だとわかります。

・・・, while ~ingは、「・・・と~が同時に起こっている」ことを表し、「・・・し、そして同時に~。~しながらも(同時に)・・・」という意味の重要表現です。「・・・と~が対照的なことを表す」(・・・し、しかし一方~)用法ではないので注意しましょう。

「それでも、それにもかかわらず」を意味するstillがあるので、「・・・し、しかし同時に~する」と読めばいいでしょう。

問2

下線部の前半で

Businessmen will shout and bully at a meeting

「ビジネスマンは会議で叫び威張り散らすものだ」

(willは「習性・傾向」の用法で「~するものだ」という意味)

と言っています。

bullyは「威張る、~をいじめる」という基本語ですが、その意味がはっきりわからなくても、この文が前文の

When things have gotten heated

「状況が白熱したとき」

に相当することから、言っている内容が推測できます。

only toは「期待(予測)に反する結果」を導きます。

「会議で議論がヒートアップし、場合によってはののしり合うこともあります。そのままいけば、お互い仲違いをして終わるという結果が予測されます」

しかし、only toは「期待(予測)に反する結果」を導くので、

予測に反して

take a restroom break during which they joke and laugh it all off

 「トイレ休憩をとって、その間、冗談を言い合ってすべてを笑って片づける」

のです。

この文は、前文の

make up with a joke or apology

「冗談を言ったり、謝ったりして、仲直りする」

に相当します。

前述のように、「よくない結果を導く」という理解では本文の内容を読み間違えます。「冗談を言い合ったりして仲直りすること」は、「よくない結果」ではなく「いい結果」なのですから。

only toは「期待(予測)に反する結果」を導く

という読み方を心がけましょう。

以上の内容が読めていれば、正解は、

(エ)Men in business settings sometimes get excited and criticize each other at a meeting, but they often try to be on good terms outside the room.

「ビジネスの場で、会議中、男性は時には興奮しお互いを批判するが、しばしば(会議の)部屋を出ると良好な関係を築こうとする」

とわかります。

A be on ~ terms with B

「AはBと~の間柄(関係)である」

は重要な慣用表現です。

be on good terms with ~「~と仲がよい、良好な関係である」

be on bad terms with ~「~と仲が悪い」

be on speaking terms with ~「~と言葉を交わす間柄である」

 

基本的な事(文法・構文)を押え、それをいかに実戦の場で生かすことができるかが、勝敗の分かれ目になります。

2021年 英語の授業が凄い! わかりやすい無料体験受付中!

カテゴリー: 未分類

リニア の無料体験授業のご案内です。

特に、英語の授業が凄いです。 ブログ「期待(予測)に反する結果」を導くonly to

 

苦手な生徒の学力を合格出来るところまで引き上げる素晴らしい授業です。

講義や演習プリントは講師が生徒の実力にあわせて、作成しております。

だからこそ、着実にレベルアップします。

昨年、大手予備校で授業がわからないから自習もあまりしなかった生徒が、

よくわかるから楽しいと、長時間まじめに自習し、着実に学力アップさせています。

実際に受けていただけたら、すぐにそのわかりやすさ、凄さを感じていただけます。

当塾の講師は基本的な事を徹底的に身につけさせ、そこから高得点を取らせる指導を

行ないますので、医学部合格も可能です。

1年でも早く、合格出来るようにすぐにでもスタートされる事をお勧めします。

私立の医学部なら講師から指導された事を徹底的にやる事で、合格が可能となります。

繰り返しますが、最高の指導力+本人の努力。

この2つが重要です。

昨年、春に国公立医学部は諦めるように、学校の先生に言われた生徒が本人の努力も

ありますが、今春、神戸大医学部に合格しました。

自分のやり方に固執して、素直に講師の指導を受け入れられない生徒は、成績が伸び
ない場合が多いです。

無料体験授業をやっております。

体験で、凄さがわかっていただけると思います。

ご連絡をお待ちしております。

 

 

双方向型オンライン個別システムで医学部合格を目指そう!

カテゴリー: 未分類

ご自宅にいながら学ぶことが出来る双方向型オンラインシステム!

選択問題であれば、画面にチェックを入れる事も可能ですが、

記述式の問題の解答を画面に記入するのは、大変です。

ノートに式や答えを記入するところから、すべてチェックして

指摘してもらうことが出来ます。

 

 

 

成績が伸びない方、多浪生の方 大歓迎!必ず合格出来ます!

カテゴリー: お知らせ

何年かかっても、あと一歩という所で、合格出来ないのには原因があります。

その原因は人それぞれであり、根本から改善しないと合格はありません。

優秀な他の生徒が合格しても自分は取り残されてしまう。

合格しそうな生徒を集めて作られた合格実績を、うのみにせず

本当に学力を伸ばす指導を受ける必要があります。

根本原因の改善と講師の指導力、合格システムがあなたを合格へと導きます。

 

 

化学

カテゴリー: 未分類

化学の板書になります。

実際にリニアの授業受けてみると、他予備校との違いを必ず実感していただけます。

体験授業も行なっておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

化学

カテゴリー: 未分類

リニアでは夏期特別講座を実施中です。

少人数制のもとで、一人一人としっかり向き合いながら、その人に合った勉強方法をしっかりサポートします。

それぞれの弱点・課題を克服し、最終的に志望校の合格を勝ち取っていただくことを最大の目標としております。

選り抜きのプロ講師による授業を体験してください。

見学、相談だけでも気軽に教室へお越しください。お待ちしております。

数学

カテゴリー: 未分類

リニアの授業は問題の核心をついた内容ばかりになっております。

問題に対するアプローチの仕方、解答にたどりつくまでのプロセス、そして入試に対して何が必要なのかをしっかりサポートさせて頂きます。

体験授業も随時に受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。